Information

お知らせ

アフリカ・ソーシャルビジネススクールの1期生に選ばれました


多くの方のご支援を得て、アフリカ・ソーシャルビジネススクールの1期生に選ばれました。ウガンダでビジネスを展開するサラヤ(株)より5万ドルの支援を得て、東アフリカ諸国(エチオピア、ケニア、ウガンダ、ルワン)での農業機械レンタル事業のFS調査を進めます。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130531/prl13053109500010-n1.htm

 
アフリカ・ソーシャルビジネススクール(ASBS)とは
アフリカの社会経済の発展に向け、ビジネスを通して貢献したいと願う若者のビジネスアイデア/ビジネスプランを実現するための支援を目的として、2013年4月に開設。特に“ソーシャルビジネス1 ”と呼ばれるような現地の人々が抱える社会的課題の解決・改善を志向するビジネスアイデアを優先的に選別しています。本企画の支援者である、サラヤ株式会社 代表取締役・更家悠介は「『やってみなはれ!アフリカで』との思いで、ぜひ、熱い思いを抱く日本の若者にソーシャルビジネスを通してアフリカの発展に貢献していただきたい」、と本事業への期待を語っています。

 

【主催・事務局】 特定非営利活動法人(認定NPO法人)ミレニアム・プロミス・ジャパン

【協力】 サラヤ株式会社/サラヤ・イーストアフリカ/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

【後援】 経済産業省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

「ソーシャルビジネス」とは社会的な課題に対して、ビジネスを通して解決・改善する取組の総称である。